autorefresh

Emacsのorg-modeを保存すると自動的にhtmlにexportされブラウザーが更新されるようにする

org-modeで文書を書いていてhtmlにexportする際は,C-e h oとするわけだが,段々とこれが面倒になってくることがある.そこで,ネットを探ってみると,やはり,なんでも載ってるredditにhtml exportを自動化する関数の記事があった. Table of Contents toggle-org-html-export-on-save directoryの内容が変更されると,自動でhtmlを再読込する. 使用方法 toggle-org-html-export-on-save 情報元:How to auto export html when saving in org-mode? 例によって,下記のようにinit.orgに書き込めばよい. #+begin_src emacs-lisp (defun toggle-org-html-export-on-save () (interactive) (if (memq 'org-html-export-to-html after-save-hook) (progn (remove-hook 'after-save-hook 'org-html-export-to-html t) (message "Disabled org html export on save for current buffer...")) (add-hook 'after-save-hook 'org-html-export-to-html nil t) (message "Enabled org html export on save for current buffer..."))) #+end_src これで,toggle-org-html-export-on-saveで,htmlを自動で出力するかどうかを切り替え可能となる.しかし,これだけでは,org文書を保存するたびにブラウザーを手動でreloadしないといけなくなり,面倒である.自動でreloadしてくれるコマンドがあれば便利である.探してみると,これもネットに転がっていた.