indentation

Emacsの長い行を折り返して見やすくするが実際の行は変えない.adaptive-wrap —Correct indentation for wrapped lines

Emacsで長い行を書いていると,デフォルトの状態ではどんどん横に伸びていく.後で読み返そうと思うと横にスクロールしないといけなくて,非常に不便である.M-qでauro-fillをやればよいと言われそうだが,そうすると改行されてしまい,これまた不便である.そこで,なんとかならないかと探してみると,ちゃんとそういうモノがあったので,まとめておく. Table of Contents adaptive-wrap インストールと設定 実際の使用例 adaptive-wrap 参照1:adaptive-wrap ご本家 参照2:Correct indentation for wrapped lines 参照3:Emacsの折り返しの挙動 参照4:.emacs settings loading issue  長い行をワープロのようにword-wrapしてくれるパッケージである.Emacsのバッファ上では折り返されているように見えるが,実際は長い横1行のままである. インストールと設定 例によって,use-packagを用いて以下のように,init.orgに書けばよい. #+begin_src emacs-lisp (use-package adaptive-wrap :ensure t :config (setq-default adaptive-wrap-extra-indent 1) (add-hook 'visual-line-mode-hook #'adaptive-wrap-prefix-mode) (global-visual-line-mode +1) (add-hook 'org-mode-hook 'visual-line-mode) ;; For org macros ) #+end_src なお,最後の行を入れておかないと,org-mode fileに #+setupfile: /Sources/org-mode-folder/org-macros-master/org-macros.setup を追加してマクロのパッケージを使用する場合(Emacsのorg-modeで論文を書く(その5:htmlへのexportの際のフォントの色の変更,ハイライトなど)(12月19日追記)を参照のこと)に,adaptive-wrapが効かなくなる. 実際の使用例 adaptive-wrapをインストールしていない場合が上図,インストールして設定すれば下図のように見える.あくまで,Emacsの画面上でword-wrapしているように見えるだけで,実際のファイルではなが~い横1行のままの状態が維持されている. これも一度使い始めると,無くてはならないモノとなるパッケージである.