skim

LaTeXをインストールし,texファイルが変更されると,自動的にcompileしてskimでのpdfも自動で更新されるようにする(2018年9月1日追記)

Table of Contents TeX Live 2018のインストール TeX Live 2018のインストール(2018年9月1日追記) ヒラギノフォントの埋め込みなど インストール後のパスの修正(symbolic linkを張る) auctexのインストールと設定 latexmk 実際の作業 XeLaTeXについて TeX Live 2018のインストール 参考サイト1:TeX Wiki TeX Live 参考サイト2:TeX Wiki TeX LiveMac 参考サイト3:The MacTeX-2018 Distribution 上記サイトを参考にTeX Live 2018もしくはMacTeX-2018をインストールする. これでスライド作成ソフトであるbeamerも一緒にインストールされる. beamerに固有の設定は特に必要なし. TeX Live 2018のインストール(2018年9月1日追記) 大事なことを2つ忘れていたので追記する. ヒラギノフォントの埋め込みなど 参考サイト:MacTeX 2018のインストール&日本語環境構築法 こんなところを読んでいないで,直ちに上記のサイトに飛んでいただきたい. マックユーザーにとっての最大の問題点は 「macos標準添付のヒラギノフォントなど商用フォントに関する設定ファイル群が,TeX LiveからTLContriに移動になった」 ということである.この問題に対する対応方法は,すべて上記のサイトに記載されているので,そのとおりにすれば良い.実にありがたい. インストール後のパスの修正(symbolic linkを張る) 参考サイト:TeX Wiki TeX LiveMac MacTeX 2018を普通にインストールすると,/usr/local/texlive/2018/bin/x86_64-darwin/bibtexというふうにbinの下にx86_64-darwinというdirectoryが入って,tex関連のコマンドのパスが上手く通らなくなる.そこで,上記のTeX Wiki TeX LiveMacに書いてあるように,/usr/local/binディレクトリの下にsymbolic linkを張る.