latexmk

beamerでスライド原稿用pdfを作成する(その1)

前回のポスト(LaTeXをインストールし,texファイルが変更されると,自動的にcompileしてskimでのpdfも自動で更新されるようにする(2018年9月1日追記))により,既にLaTeXはインストールされたので,今回は学会発表向けのスライド原稿作成についてまとめる.ようやく実質的な話になる. beamerによるスライド原稿の作成 基本的には,通常のLaTeX文書と同じである.実際のスライド原稿を見てもらうほうが早いであろう.以下のtexファイルを作成し,beamer_test.texと名付け,保存する.Editorは何でも良いが,やはり,Emacsのauctexを使うと補完などあり,便利である. 下記のファイルには多少コメントを付けた.フォントの指定は自明.themeは山のようにあるので,ググって好きなものを使う. なお, \usefonttheme{professionalfonts} を入れているのは,これを入れないと,beamer は数式フォントとして sans に指定されたフォントを使うように内部で変更するからで,これを入れるとこの変更を無効にできる.数式がヒラギノになると間抜けである.昔,TeX QAで教えていただいた.参考:beamerでの数式フォントの変更 また,いろいろ余分なパッケージも読み込んでいるが,必要なときに書き込めば良く,不要なら削除する. % -*-coding:utf-8-*- \documentclass[svgnames, table, 14pt]{beamer} \usepackage{zxjatype} \usepackage[hiragino-dx]{zxjafont} % ヒラギノ角ゴ Proを使う \setjamainfont[Scale=0.95,BoldFont=ヒラギノ角ゴ Pro W6]{ヒラギノ角ゴ Pro W3} \setjasansfont[Scale=0.95,BoldFont=ヒラギノ角ゴ Pro W6]{ヒラギノ角ゴ Pro W3} % themeを指定する \usetheme{Darmstadt} \usefonttheme[onlylarge]{structurebold} \setbeamerfont*{frametitle}{size=\large,series=\bfseries} \setbeamertemplate{navigation symbols}{} \usepackage[english]{babel} \usepackage[latin1]{inputenc} \usepackage{times} \usepackage[T1]{fontenc} \usepackage{hyperref} % Setup TikZ \usepackage{tikz} \usetikzlibrary{arrows} \tikzstyle{block}=[draw opacity=0.7,line width=1.4cm] % Figure position \usepackage[absolute,overlay]{textpos} % math \usepackage{mathabx} \usefonttheme{professionalfonts} % Author, Title, etc. \title[hoge/fugaによる相補的な治療における高難度症例の治療と成績] {hoge/fugaによる相補的な治療における高難度症例の治療と成績} \author[taipapa] {taipapa, 織田信長, 豊臣秀吉, 徳川家康} \institute[hogefuga University] {hogefuga大学大学院 hogefuga研究科 hogefuga分野} \date[日本hogefuga外科学会 第?