beamerでスライド原稿用pdfを作成する(その1)

前回のポスト(LaTeXをインストールし,texファイルが変更されると,自動的にcompileしてskimでのpdfも自動で更新されるようにする(2018年9月1日追記))により,既にLaTeXはインストールされたので,今回は学会発表向けのスライド原稿作成についてまとめる.ようやく実質的な話になる.  

beamerによるスライド原稿の作成

  • 基本的には,通常のLaTeX文書と同じである.実際のスライド原稿を見てもらうほうが早いであろう.以下のtexファイルを作成し,beamer_test.texと名付け,保存する.Editorは何でも良いが,やはり,Emacsのauctexを使うと補完などあり,便利である.
  • 下記のファイルには多少コメントを付けた.フォントの指定は自明.themeは山のようにあるので,ググって好きなものを使う.
  • なお, \usefonttheme{professionalfonts} を入れているのは,これを入れないと,beamer は数式フォントとして sans に指定されたフォントを使うように内部で変更するからで,これを入れるとこの変更を無効にできる.数式がヒラギノになると間抜けである.昔,TeX QAで教えていただいた.参考:beamerでの数式フォントの変更
  • また,いろいろ余分なパッケージも読み込んでいるが,必要なときに書き込めば良く,不要なら削除する.

    % -*-coding:utf-8-*-
    \documentclass[svgnames, table, 14pt]{beamer}
    \usepackage{zxjatype}
    \usepackage[hiragino-dx]{zxjafont}
    
    % ヒラギノ角ゴ Proを使う
    \setjamainfont[Scale=0.95,BoldFont=ヒラギノ角ゴ Pro W6]{ヒラギノ角ゴ Pro W3}
    \setjasansfont[Scale=0.95,BoldFont=ヒラギノ角ゴ Pro W6]{ヒラギノ角ゴ Pro W3}
    
    % themeを指定する
    \usetheme{Darmstadt}
    
    \usefonttheme[onlylarge]{structurebold}
    \setbeamerfont*{frametitle}{size=\large,series=\bfseries}
    \setbeamertemplate{navigation symbols}{}
    
    \usepackage[english]{babel}
    \usepackage[latin1]{inputenc}
    \usepackage{times}
    \usepackage[T1]{fontenc}
    \usepackage{hyperref}
    
    % Setup TikZ
    \usepackage{tikz}
    \usetikzlibrary{arrows}
    \tikzstyle{block}=[draw opacity=0.7,line width=1.4cm]
    % Figure position
    \usepackage[absolute,overlay]{textpos}
    % math
    \usepackage{mathabx}
    
    \usefonttheme{professionalfonts}
    
    % Author, Title, etc.
    \title[hoge/fugaによる相補的な治療における高難度症例の治療と成績]
    {hoge/fugaによる相補的な治療における高難度症例の治療と成績}
    \author[taipapa]
    {taipapa, 織田信長, 豊臣秀吉, 徳川家康}
    \institute[hogefuga University]
    {hogefuga大学大学院 hogefuga研究科 hogefuga分野}
    
    
    \date[日本hogefuga外科学会 第??回学術総会 \hspace{2.4cm} 201X年X月XX日]
    {\scriptsize{Symposium-02「とっーても難しいhogeとfuga」
    \\ \vspace{0.15cm} 筆頭演者はhogefuga外科学会へ過去3年間のCOI自己申告を
    完了しています.\\本演題の発表に関して開示すべきCOIはありません
    }}
    
    % 学会名,日付,スライド番号を挿入
    \setbeamertemplate{footline}
    {\color{gray} %
    \hspace{.075cm}
    \insertshortdate%
    \hspace{4cm}
    \insertframenumber{} / \inserttotalframenumber%
    }
    
    \begin{document}
    
    \begin{frame}
    \titlepage
    \end{frame}
    
    \section{Introduction}
    
    \begin{frame}{背景と目的}
    \begin{block}{}
    \begin{itemize}
    \item hogeとfugaを比較してみると,一方で難易度の高い症例で
    も他方では容易に行える場合も多い.
    \item 当施設では,一方に片寄ることなく,hogeとfugaを相補的に
    用いることにより合併症の減少を目指す方針をとっている.
    \item そこで,自験例から高難度のhogefuga症例についての
    方針と成績を主にhogefuga surgeonの立場から検討した.
    \end{itemize}
    \end{block}
    \end{frame}
    
    \section{Results}
    \begin{frame}
    \frametitle{hogefuga症例の画像}
    \centering
    \includegraphics[width=3.5in]{hoge_fuga.pdf}
    \end{frame}
    \end{document}
    
  • ターミナルで,cdして上記のbeamer_test.texのあるdirectoryに移動し,shellで以下のように打ち込む.前回のポスト(LaTeXをインストールし,texファイルが変更されると,自動的にcompileしてskimでのpdfも自動で更新されるようにするを参考 

    latexmk -pvc -pdf -view=none beamer_test.tex
    
  • これで下記のようなpdfが出来上がるはず.

  • 画像の貼り付けが必要なら,上の文書にもあるように必要な箇所で,

    \includegraphics[width=2in]{/Data/hoge/fuga/......./hoge_fuga.pdf}
    

    などと打てばよい.以下のようなスライドが得られる.

  • なにもしなければ,画像は左寄せになる.中央に寄せたければ,上記の文書内にあるように,\centering を使用する.

  • 次回は,beamerで動画を走らせる件について書く予定.

Avatar
taipapa
本人ではありません (^^)

Related

Next
Previous
comments powered by Disqus