emacs

How to install Emacs & LaTeX to MacBook Pro 16-inch on Catalina

1ヶ月ほど前にMacBook Pro late 2016のバッテリーが逝かれてしまい,laptopのはずがコンセントに繋がないと動かないdesktopになってしまった.すると待っていたかのようにMacBook Pro 16-inch 2019が発売となり,速攻で注文してしまった.これまでは常に半年ぐらい様子を見てから新機を購入していたのだが,今回は止むを得ず発売直後のものを購入せざるを得なかった.新しい計算機やOSへのEmacsやLaTeXのインストールは色々な問題に遭遇することが多い.幸いなことに今回の年末年始の休みは長いので,こちらにまとめておくことにした.基本的には,Upgrade to Mojave and upgrade to Emacs 26.2 by homebrewでまとめたことをやれば良くて,大きな問題はなかった.トップの画像で示しているように各種ソフトがスムーズに動いている.

How to create conference posters by latex (beamer)

学会発表用のスライド作成については,beamerでスライド原稿用pdfを作成する(その1)に始まる一連の記事にまとめたが,ポスター作成については触れていなかったので,今回まとめることにする. latexを使ってポスターを作成する場合の定番はbeamerを利用したもので,代表例には,beamerposterがある.それ以外にも,latexのポスター作成用のパッケージには,baposter, Gemini, betterposter, tikzposterなどがある.さらに,Inkscapeを使用する方法も報告されている.できるだけこれらの情報を集積してみた.なお,私自身は,標準的なbeamerposterの中に含まれているスタイルファイルを少し改変して用いている.

How to use mark in Emacs (helm-all-mark-rings)

Emacsのカーソルは画面をスクロールして上端または下端に至ると画面の中に表示される状態を維持するように動いてしまい,元の位置には止まらないのが仕様になっている.これは通常のエディターとは違っており,不便と感じて,色々と調べたり試したりしたのだが,要するに思想の違いであると考えるに至った.カーソルの位置は保持できない代わりにマークという方法が提供されている.まぁ,これが結構分かりにくいのだが,使ってみると案外便利である.そこで,マークについてまとめることにした.

Org-rifle

学会続きで,久方ぶりの更新である.org fileの中を検索する際に,Swiper, ivy, avy, migemoによるEmacsの検索強化で取り上げた swiper を,もっぱら使用しているのだが,そうすると,ファイル内のどこにいるのかが分からなくなることがある.検索ファイルのパスなどがorg fileの中で分かる検索ソフトはないものかと探したところ,このorg-rifleが見つかった.

How to update hugo and academic theme (Part3)

先日,ブログのアップデートについて2回に分けてまとめたが(How to update hugo and academic theme (Part1), How to update hugo and academic theme (Part2)),読み直してみるとhugoとacademic themeの全体的なアップデートのことで終わっていて,具体的な内容のアップデートについてはあまり書いていないことに気がついた.そこで,今回はその辺の細かいところについて,後日の自分のためにも,まとめておくことにした.今回の内容に関しては,ox-hugoのレベル,つまり,org-mode file ではどうすれば良いのか分からず,直接マークダウンファイルを弄らざるを得ない事が多かった.

Treemacs and Projectile

MacのFinderに相当するのは,EmacsではDiredであろう.しかし,なにかのプロジェクトに関わる文書群を管理するということになると,Diredでは力不足である.というか目的が違う.これにぴったりなのが,treemacsであり,そのバックボーンになるのが,Projectileである.これらは,プログラマーでもない自分には必要ないものと思っていたのだが,このblogを書くのに使用しているHugoとそのテーマであるacademicをアップデートする際に,非常に役に立ったので,いまだによく分かっていない自分自身のために書き留めておく.

How to update hugo and academic theme (Part 1)

最近のニュースを見ていて思い出した言葉がある. “True patriotism hates injustice in its own land more than anywhere else.” ― Clarence Darrow “Patriotism is the last refuge of a scoundrel.” ― Samuel Johnson “Violence is the last refuge of the incompetent.”” ― Salvor Hardin ( Isaac Asimov) 3番目はオマケ 閑話休題,以前の記事(How to add horizontal scrollbar for codeblock in academic theme of hugo)で触れたように,このブログは,Hugoという静的サイトジェネレーター(themeはacademic)で作成している.

Emacsでpdfを読む (pdf-tools) (2019.07.17追記)

Emacsでpdf文書を読もうとするとdefaultではDocViewで読むことになるが,解像度がイマイチで動きもややモッサリとしていて使い勝手が悪かったため,サクッと止めて,skimを使っている.ただ,pdf-toolsというのがあって,こちらは割とスグレモノらしいとの噂は聞いていた.そこで,今回はこれを試してみることにした.

mojaveのライブ変換で快適日本語入力(カーソルの色も日英で変わるように設定)

最初にmacosにライブ変換が登場した時に使用してみて,これは駄目だとすぐにGoogle inputmethodに戻してしまった.今年の5月にmojaveにupgradeしたのち,ある日,ふと思い立って,ライブ変換を試してみたところ,ほとんどストレスを感じることなくスラスラと入力ができた.ほとんど変換のためにスペースキーを叩く必要がないことに驚いた.予測の精度が登場時よりはるかに改良されているのであろう.エンドユーザーにはありがたいことである.早速乗り換えてしまった.

Symbol Overlay (Highlight symbols at cursor point with keymap-enabled overlays in Emacs)

今回は(も?),redditで拾ってきたネタ(How to highlight occurences at cursor point in Emacs).カーソルの位置にあるシンボル(単語と思えば良い)をバッファ内ですべてハイライトしてくれるEmacsのパッケージを訊いているのだが,いくつか答えがあって,一番便利そうだったのが,今回紹介する symbol-overlay である.